努力より、真似よ

お問い合わせ
電話番号

努力より、真似よ

7都府県に非常事態宣言が出されました。感染の恐怖だけではなく、休業や業務縮小に伴う生計へのダメージを思うと、心配でなりません。ただただ、早く収まるのを祈るばかりです。

 

日常生活の不安が増す中、これまで通りに家事や子どもたちの世話をしなければならないお母さん。気の休まる暇もありません。相変わらず、一日中、大忙しですね。

「ああ、やることがいっぱい。旦那は手伝ってくれない、子どもたちは言うことを聞かないし。もっとテキパキとできればいいのに。要領が悪いから…」

いつもの愚痴から自己嫌悪に陥ったりしてませんか?
どうすればもっと要領よくできるようになるのか。雑誌に出ているような方法を試したこともありましたが、どうもうまくできない。そんな方も少なくないと思います。

 

普通に考えて、何かをうまくやれるようになるためには訓練、トレーニングが必要です。練習しないと上手にできるようにはなりません。勉強だってそうです。朝起きたら、いきなり勉強ができるようになっているなんてあり得ません。
しかし、その練習が大変ですよね。すぐにはうまくできませんし、何回もやっているうちに飽きてきます。
この際、面倒なトレーニングなんてやめましょう!

 

練習なしでどのようにして家事が上手になれるのか。
それはできる人の真似をするのです。自分の母親やお姑さんのような、ベテラン主婦がやっていることを真似するのです。
といったところで、最初からうまく真似などできないですよね。真似と言っても、一つひとつの作業を同じようにこなすことを目指すよりも先に、彼女たちがテキパキ動いているのを想像してください。彼女たちの身体の動き、その速さ、筋肉の使い方、目の動き、表情、息遣いなど、できる限りでいいので細かくイメージします。そのイメージを頭に描きながら、彼女になったつもりで家事をやってみてください。ちょっとだけでも変化があるはずです。
ベテラン主婦でなくてもOKです。テレビや映画で見た、とても要領がよさそうな女優さんでも、女優さんが演じている役でも結構です。イメージができればいいのです。

 

ただ、丸ごと全部を真似する必要はないですよ。あなたにはあなたの良さもありますから。いわゆる、”いいとこ取り”をするのです。真似を繰り返しているうちに、いつの間にか無意識にできるようになっています。

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。