言うことを聞かない子からのメッセージ

お問い合わせ
電話番号

言うことを聞かない子からのメッセージ

「以前に比べて、親の言うことを聞かなくなったみたい」

部活や宿題のことを聞いてもきちんと答えない。塾で私が伝えたことをちゃんと話さない。することになっていたことをやらない。何が気に入らないのか、原因の見当もつかないという話をよく聞きます。

「反抗期?」

でも、もしかしたら、それは子どもからのメッセージかもしれません。どんなメッセージを送ってきているのか考えてみませんか。

 

このコロナ禍で人手不足となり、仕事を休めない日が続いていて、子どもと一緒にいれる時間が少なくなっているとしたら、「さびしいの。もっと私を見て」というメッセージかもしれません。
下の子が風邪をひいたり、お腹を壊したりで、かかりっきりになっていたとしたら、「私のこともかまって。大事にして」というメッセージを送ってきているかもしれません。

 

ネガティブに見える行動の裏には、本人がそれに気づいていようがいまいが、何らかの意図が隠されているものです。たとえば、夜遅くまで起きていて夜更かしをするのは、自分だけの静かな時間がほしいからかもしれません。タバコをやめられないのは、リラックスした気分が得られるからかもしれません。

 

親に逆らうような行動は、そうすることで親の関心を引き、もっと自分に注目してもらいたいからとも考えられます。それによって親の愛を確かめたいと、無意識で感じている可能性があります。

 

見た目の行動や発言だけではなく、その裏側に潜んでいるメッセージ(意図)に気づくことで、今までとはちがった対応を取ることができます。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。