受け入れられやすいメッセージ

お問い合わせ
電話番号

受け入れられやすいメッセージ

人はあいまいな言い方をされると、自分に都合の良い解釈をするというお話をしてきました。このことを利用して、お子さんのやる気を引き出すことができます。
あいまいな言い方以外にも、こちらが望んでいる反応を相手から引き出したり、こちらの指示や提案に対して抵抗を起きにくくする言い方というものもあります。

 

「先にお風呂に入る?それとも先に勉強する?」
いずれにしても、勉強することが前提になっています。勉強をするという意識が埋め込まれます。

「最初は難しいと思うかもしれないわね。」
難しいと思っているかどうかを気にしますが、その次は違うのかなと考えます。

「英語は一生使うって聞いたことある?」
聞いたことがあるかどうかを考えますが、英語は一生使う大事な勉強という意識が生まれます。

「今勉強を始めるのがよくない?」
「今勉強しなさい」というよりソフトに伝わり、命令されたという感覚はありません。

「良い結果なんて考えないで。」
人は否定文で言われると、まず肯定文で考えてから、それを否定します。上記の場合、「良い結果」とは何かを最初に考えます。

「『お母さんも一緒にがんばる!』って思ってるの。」
「一緒にがんばる」のところで声のトーンを上げてガッツポーズをすると、そこだけ切り取られ、記憶に残りやすくなります。

「去年、○○高校に入った△△子ちゃん、学習計画を立ててたんだって。」
すでに成功している第三者の言葉を引用すると、自分の責任が弱まると同時に、受け取る側も抵抗が起きにくくなります。

 

人はコミュニケーションをしながら生きています。コミュニケーションで相手に影響を与えたり、相手から影響を受けたりして、お互いに高めあっていきます。そうであれば、上手なコミュニケーションを身につけて、それを活用する価値は大いにあるのではないでしょうか。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。