ものは言い様。

お問い合わせ
電話番号

ものは言い様。

来週から私立高校の入試が始まり、いよいよ本番突入です。
公立高校が第一志望の人は、私立を”保険”のように考えがちですが、もしも公立がダメで私立に行くことになったときに、入試でいい成績を取っていれば、入学金や授業料免除などの優遇を受けられる場合があります。真剣に取り組まないといけませんよ。

 
さすがにこの時期に勉強のやる気がないのは手に負えません(笑)。とは言っても、中にはがんばり過ぎて、勉強に食傷気味になっている子もいるでしょう。ここで手を抜かずに、もうひと踏ん張りしてほしいのですが。
「勉強しなさい」や「がんばりなさい」とダイレクトな言い方をすると逆効果になるときがあります。「そんなこと、分かっているよ」と反発したくなります。ではどんな声のかけ方があるでしょうか。

・勉強する前におやつ食べる?それとも勉強の後に食べる?
→おやつをいつ食べるかを聞いていますが、その前後に勉強することが前提にあります。勉強しないといけないということが、自然とインプットされます。

・毎日ずっと勉強に集中してるってすごいわ。
→毎日継続して集中しているかどうかを気にしますが、やはり勉強することが前提になっています。

・最初の勉強はおっくうになるのよね。
→おっくうになるかどうかを考えますが、勉強は継続するということが前提です。

・数学、あるいは英語のどっちを先に勉強するの?
→数学でも英語でも、勉強は勉強です。勉強することが前提になってます。

・今までで一番がんばっているって、気づいてないの?
→気づいているかどうかが気になりますが、がんばっていることが前提にあります。

・あまり思いつめずにリラックスして勉強したら?
→こう言われると、リラックスできているかどうかを考えます。でも勉強はするのです。

・数えてみれば、あと1か月がんばればいいんだ。
→思わず日にちを数えてしまいますが、がんばることには違いがありません。

 
このように、直接的な命令ではなく、少し別のことに気を取られるような表現を使うと、その前提にあるこちら側の要望・意図を無理なく相手にインプットできることもあるのです。相手の無意識に働きかけるアプローチです。ですので、相手もそれほど抵抗なく受け入れてしまいます。ものは言い様です。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。