自分の夢は自分で実現するんだ!

お問い合わせ
電話番号

自分の夢は自分で実現するんだ!

3 positions

前回、将来の夢を持つことは今のモチベーションにつながるというお話をしました。誰でも夢に向かってがんばろうと思うと、毎日にやる気が出ます。その夢をただの夢で終わらせずに、実現の可能性を高めていくにはどうしたらいいでしょうか?

 

自分の理想や希望を挙げていくだけでは、現実性のないものばかり出てくるかもしれません。そうはいっても、超現実的な案だけだと、ワクワクしないつまらないものになってしまう可能性があります。また、将来の夢に向かって計画を立てても、穴や抜けだらけだったら、到底実現できる気がしません。うまくバランスが取れるといいですね。

 
そこで、これらのことを1人3役でやってみると案外うまくいきます。それぞれの役になり切ることが重要です。

1つは夢想家。自由な発想をして、アイディアを出します。実現可能かどうかなんて考えません。夢がかなったときのイメージを思い浮かべるのです。目線はやや上向きかもしれません。

2つ目は現実家。夢想家の考えたアイディアをどのように実行するかを考えます。そのアイディアは必ず実現できると信じることが必要です。視線はまっすぐ前を向いていて、やや前かがみかもしれません。

3つ目は批評家。現実家の考えた計画にどんな問題があるか、他人や環境などに悪影響がないかなどをチェックします。第三者的な立場で見るのもよいでしょう。腕を組んで、視線はやや下向きかもしれません。

 
繰り返しこの3役になって、それぞれの立場で真剣に考えます。そして3人とも納得したら、それが答えなのです。おそらくとても魅力的で、しかも現実的な夢のプランができるはずです。

 
実はあのウォルト・ディズニーは、それら3役を使い分けていたそうです。そして数々の、まさに夢のような現実を作り上げてきたのです。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。